脈診 経絡治療(けいらくちりょう)

~風邪を引いたらどこに行きますか?~

 

 

脈診経絡治療は次のような方におすすめです!

 

「もむ」「のばす」「電気でビリビリ」「ハリでトントン…ズーン」「道具

 でグリグリ」など色々試してきたけど良くならない。

 

・更年期障害など、病院ではなんでもないと言われたがなん

 だか調子が悪い。 

 

風邪が治りきらない。

 

・風邪薬は治すものではなく症状を抑えるものだと理解

 しているので、自然治癒力で治したいと思っている。

 

・生理不順、生理痛、乳腺炎などの婦人科の症状。

 産前産後の体調管理。逆子治療

 


経絡治療と他の鍼灸(しんきゅう)との違い


一口に鍼灸と言っても、様々な治療の仕方があります。

一般的に多く行われているのが、ハリに電極をつないで電気を流す・鍼を打ってズーンとひびかせる・ハリを打ってしばらく置くなど物理的な刺激を主体にしたものです。

この方法が悪いと言っているわけではありません。上記のような治療で良くなる方もいます。


脈診流の経絡治療は全身を調整することにより、生命力の強化を行い、自分自身が治る体になっていくのをお手伝いする手法です。


経絡治療のはり・きゅうは、刺激がほとんどありません。

初めての方や今まではり・きゅうで辛い思いをされた方も安心して治療を受けられます。




全体的に体調が改善されます


例えば、肩こり腰痛など体の痛みに対して治療していても、全身の治癒力向上を目的として施術しているため、その症状はもちろん「風邪を引きづらくなった」「生理痛が軽くなった」など全身の状態も改善されます。

体調が崩れたり崩れかかってもそれを予防したり回復しやすい体づくりができます。



これだけではありませんが参考までにWHO(世界保健機関)が認めている鍼灸適応疾患です。

【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・扁桃炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

脈診 経絡治療

不妊治療

更年期症状

キッズルーム完備

小児治療

交通事故(自賠責)

提携先整形外科のご案内