魔女の一撃 続き

この間のブログ魔女の一撃の続きです。

 

まずは、椎間板ヘルニアが悪化していく場合自然治癒する場合の判断方法について書きます。

 

自然治癒するときはマクロファージによって分解吸収されることは前回書きました。

ヘルニアが疑われる患者様はまず整形外科に紹介をして、検査結果と医師の判断によって保存療法でいくと決定した場合当院では保存治療を行います。


保存治療自体はヘルニアを消失させるわけではありません。

自然治癒をしていく段階で、痛みがあると生活に支障が出てしまうのでその症状を取る治療をしたり、経絡治療によって治癒力を最大限に発揮できるような治療をします。

 

ただし、自然治癒には時間がかかるので(1カ月~3か月ぐらい)このまま放っておいて大丈夫なのだろうか…と不安になってしまいます。

 

自然治癒の場合はだいたい腰の痛みや太ももの痛みが軽くなっていき、しびれは少し時間をかけてよくなっていきます。

 

病院や整形外科で診断してもらっていなくて、痛みやしびれが3か月ぐらい経っても改善しなければ悪化する可能性も考えられるのでMRIのある整形外科を受診した方が良いでしょう。

 

 

次にヘルニアとは無関係のぎっくり腰についてです。


椎間(ついかん)関節の周りに関節包(かんせつほう)という痛みを感じる靭帯があって、

繰り返し椎間関節に負担がかかったり、長時間椎間関節に負荷をかけるような動作をしていると関節を痛めて関節を包んでいる関節包に痛みを感じます。それが腰痛の原因です。





ちょっとわかりづらいかもしれませんが

○で囲まれた部分が椎間関節です。

もし、「自分で判断がむずかしい」「色々行ったけどやっぱり不安」等ありましたら、お近くの信頼できる医療機関や治療する所をご紹介いたしますのでご相談ください!




今日もブログ読んでいただきありがとうございます☺

脈診 経絡治療

不妊治療

更年期症状

キッズルーム完備

小児治療

交通事故(自賠責)

提携先整形外科のご案内